FC2ブログ

韓国 歴史巡りの旅おしまい

2019.10.22

韓国最後の朝…
午後の飛行機で、日本に帰るよ。

<朝ごはん>

コーヒーショップでサンドイッチのセットを食べました。
20191022 (2)

左がおっとの:たまご
右はワタシの:お店のオリジナル
どちらもマヨネーズ味なんだけど、甘い…
なぜ甘い?
砂糖を入れてるのかな?
おいしんだけど、なんだか不思議な味でした。
それにしても、量が多い。。。
20191022 (3)

サンドイッチを食べながら窓の外を見ていると…
おでんの屋台。
おじさんがいなくても、
みんな勝手にさつま揚げの串刺しをとって、
食べて、
お金を置いて去って行く。
20191022 (1)

<散歩と買い物>

いろんなものが安価で買えるので、
海外旅行の時は必ずスーパーに立ち寄ります。
20191022 (8)

市場。
20191022 (7)

出発まで少し時間があったので、
川沿いを散歩しました。
20191022 (4)

鯉などの魚がたくさん泳いでいましたよ。
20191022 (6)

オシドリや鷺も。
20191022 (5)

街の中なのに、自然がいっぱいのソウルでした。

<空港へ>

楽しかったソウルの街とも、いよいよお別れ。
空港行きのバスに乗り、
渋滞のため、だいぶ時間がかかりましたが到着。
飛行機に乗る前に、韓国最後の食事です。
20191022 (9)

ビビンパ食べました!
最後まで辛かった(>_<)
20191022 (10)

イースター航空の飛行機。
帰りは荷物の運賃5000円を払っています。
20191022 (11)

離陸前に、
整備の方がお見送りしてくださいました。
さようなら。
20191022 (12)

成田→韓国って、ほんとに近い。
あっという間に成田空港に着きました。
20191022 (13)

初めての韓国…
思っていたより、ずっと良かった。

お天気が良かったこと、
紅葉が見られたこと、
ごはんが全部おいしかったこと、
いいことが重なり、素敵な思い出が出来ました。
おっとと『また行きたいね~』と話しています。
いつになるか、わからないけど。

<おまけ>

帰国後…
イオンで、こんなの見つけました。
20191022 (14)

トッポギとラーメンとタレがセットになっていて、
すぐに調理できます。
20191022 (15)

辛ーい!!!!!
やっぱりワタシ、辛いの苦手。
スポンサーサイト



韓国 歴史巡りの旅④

2019.10.21 つづき

韓国・歴史巡りの旅も終盤。

<宋廟>

王と王妃の位牌が安置されている
王室の霊廟を見学します。
20191103 (2)

今までに見て来た王宮とはちょっと違った雰囲気。
20191103 (4)

緑が多く、
20191103 (10)

リスを何匹も見ました!
20191103 (11)

自然の中で、
20191103 (12)

のびのびと元気に走り回っている姿がカワイイ!
20191103 (13)

王様が通る門。
20191103 (6)

正殿には19室49位、
別廟に当たる永寧殿には16室34位が安置されています。
20191103 (8)

建物が横に長いのは、
王が亡くなる度に、部屋を継ぎ足していったからです。
20191103 (1)

赤い建物が印象的な宋廟でした。
20191103 (7)

<景福宮>

韓国5大宮、最後のスポット。
20191103 (31)

まずは守門将交代儀式を見学。
20191103 (32)

昔やっていたことを再現しています。
太鼓が力強い!
20191103 (33)

式が終わってみると、たくさんの人が。
チマチョゴリの方が多いこと。
20191103 (14)

水のない川。
20191103 (15)

正殿:勤政殿
20191103 (24)

王座の後ろの屏風には
いつものように、5つの山と太陽と月。
「日月王峰図」は韓国の紙幣の絵柄に使われています。
20191103 (16)

亀に似た生き物が描かれた壁。
20191103 (23)

交泰殿:王妃の生活空間
20191103 (18)

王妃はこの建物の中で過ごすことが多かったので、
外の景色をを眺められるように、
20191103 (19)

裏庭は階段式の花壇にして、
四季の花を咲かせていたそうです。
20191103 (22)

この外壁の装飾、コッタムといいます。
20191103 (20)

どの建物の屋根にも、
このような動物(?)がくっついています。
三蔵法師、孫悟空…と並んでいます。
20191103 (17)

慶会楼

国の祝事に宴を催すために作られた、
20191103 (27)

池に浮かぶ楼閣。
20191103 (26)

素敵な眺めでした。
20191103 (28)

人がたっくさん。
20191103 (29)

5大スポット、
どれも日本語ガイドツアーに参加して
詳しく説明を受け、
少しですが歴史に興味が沸いて来ました。
次回はもうちょっと、いろんなことを理解できるかも。

<ソンガネタッカンマリ>

日本のテレビに出たお店。
20191103 (37)

席にいついたら、注文してないのに、
この鍋が出てきた。
メニュー、これしかないんだって!
タッカンマリ♪
20191103 (34)

ママさんが、タレを用意してくれました。
ニラがいっぱい。
20191103 (36)

お店の方が鶏の足をカットしてくれます。
20191103 (35)

これは辛味がなく、とても食べやすかったです。
味も抜群♪

<イーランド・クルーズ>

旅の最後に、大好きな船に乗ります。
韓国北部を流れる漢江のナイトクルーズへ。
20191103 (47)

チケットを買って、船に乗り込み、
20191103 (38)

出航!
20191103 (41)

橋をくぐり、
20191103 (46)

1時間の船旅へ!
20191103 (42)

盤浦大橋まで来ました。
人気の月光レインボー噴水、キレイだ。
20191103 (44)

世界最長橋の噴水としてギネスブックに登録されています。
20191103 (43)

噴水ショーは20分。
終わりを待たずに、船は折り返しました!
つまり、噴水に突入!!!!!
乗客は屋根の下へ入りましたが、
船のデッキはびしょ濡れ~笑
20191103 (45)

そんなサプライズもありながら、
1時間のクルーズは終了。
20191103 (40)

夜景を見ながら、韓国旅を振りかえり、
予定していた行程は無事に終了しました。
20191103 (39)

股関節と腰に爆弾を抱えつつも、
なんとか歩き切りました!

アニョハセヨ~
次回ほんのちょっとだけ、旅行記が続きます。

韓国 歴史巡りの旅③

2019.10.21

ソウル観光、二日目です。

ホテルに朝食がついていないため、
コンビニでサンドイッチとコーヒー買って、
青空朝ごはんです。
コンビニで売ってるもの、なかなかおいしいですよ!
20191030 (18)

<北村韓屋村>

午前中は『北村韓屋村』を散策します。
道路に書いてある文字もハングル!
20191030 (9)

風もなく穏やかなポカポカ陽気のソウル。
お天気に恵まれ、ラッキーでした。
20191030 (2)

坂道だらけですぅ~
20191030 (5)

大学芋、韓国にもあったのね~
20191030 (3)

カレー屋の看板。
20191030 (10)

外壁になまけもの?
20191030 (6)

ソウルでは、あまり出会わなかった。
ワンちゃん。
20191030 (8)

これを着て歩く勇気はなかった。
もうちょっと若ければよかった。笑
20191030 (1)

朝鮮時代(1392~1910)から残る
韓国の伝統家屋「韓屋(ハノッ)」が密集しています。
20191030 (4)

20191030 (7)

20191030 (12)

見晴らしのいい場所、みっけ。
20191030 (13)

バラが咲いていました。
20191030 (14)

20191030 (16)

20191030 (19)

20191030 (21)

20191030 (22)

どのおうちも素敵だな♪
20191030 (24)

住民の方が実際に生活されている場所なので、
こんな看板が。
20191030 (20)

観光客が騒がないように、
警備員が立っています。(黄色い服の方)
みんなコソコソしゃべってました。
20191030 (23)

壁にお花が描かれています。
遊び心ですね~
20191030 (25)

村の端っこまで来たら、見晴らしのいい場所に出ました。
お寺に紅葉、山が見えて、とってもいい景色。
20191030 (26)

高台にある村から、石段を下って街に出ました。
20191030 (27)

ブティックや雑貨店などが立ち並ぶ、
オシャレな街並み。
20191030 (28)

消化栓まで、こんなに可愛い♥
20191030 (29)

さて、そろそろランチの時間です。
20191030 (30)

三清洞にあるお店を探します。
お店の看板、みんなハングルなの~
なかなか見つからなーい。
20191030 (31)

<モッシドンナ>

少々歩きまわって発見!
お目当てのトッポギ鍋のお店です。
20191030 (36)

看板猫、眠いみたい。
20191030 (33)

注文票は自分で描くんですよ~
辛いのが好きな方は一番右の列にチェックを、
その左が少し辛い
現地の方も少し辛いを選んでました。
もちろんワタシ達も。
20191030 (32)

外を眺めながら、トッポギ鍋をいただきます!
えへへ~
オシャレだ。
20191030 (34)

チーズと海鮮のトッポギ鍋を注文。
ラーメンとおでん(さつま揚げ)を追加で頼みました。
マイルドのほうをお願いしたけど、けっこう辛い!!!
お水をガブガブ飲んでしまいます。
でも!
トッポギがモチモチで、とってもおいしい♪♪♪
20191030 (37)

鍋の具材を食べ終わったら、店員さんを呼びます。
厨房に鍋を持って行って、炒飯作ってくれるの♥
コーンと韓国のりが混ざっていて、
これが香ばしくて絶品でした!
20191030 (35)

るるぶなどの情報誌にも載っている
人気のあるお店です。
また行きたいな、モッシドンナ♪

午後はまたまた歴史です(^^;
つづきはまた今度。

韓国 歴史巡りの旅②

2019.10.20 つづき

歴史の旅、続きます。

ソウル市庁、ソウル広場前にやって来ました。
20191027 (3)

午前中からだいぶ歩いたので、ちょっと休憩。
20191027 (2)

DUNKIN' DONUTって、日本でも食べれるけど。。。
ハロウィン限定ドーナツ、美味しかったです!
20191027 (1)

<徳寿宮>

朝鮮時代の王族の邸宅、徳寿宮の前で行われる
勤務式の再現、守門将交代式を見学します。
20191027 (5)

20191027 (4)

なかなか迫力がありました!
20191027 (6)

式の見学のあとは、
日本語ガイドの方に宮殿の中を案内していただきました。

正殿の中和殿、にぎわってます。
20191027 (7)

国の公式行事に使われていた場所。
20191027 (16)

どの宮殿も作りは同じで、ヘチと王様が歩く石があります。
20191027 (8)

王座の後ろに五つの山と太陽と月、これも同じです。
天井に2匹の龍がいます。
20191027 (9)

アート作品と歴史のコラボです。
20191027 (17)

あちこちにいるんだけど、お顔が少しずつ違います。
20191027 (15)

徳寿宮の中には、西洋建築の建物が多数あります。
石造殿は、イギリスの指導のもと、1900年に作られ、
朝鮮末期に王様が住んでいました。
20191027 (10)

噴水にオットセイ?
20191027 (18)

国立現代美術館・徳寿宮館
資料などが展示されています。
20191027 (11)

静観軒
朝鮮時代の王・高宋が宴会をしたり、
くつろいだりした場所。
とてもかわいらしい建物です。
20191027 (32)

床のタイルは当時のまま。
20191027 (33)

韓国では縁起がいい鹿やコウモリが描かれています。
20191027 (14)

即阼堂
20191027 (12)

昔御堂
色を塗っていない素朴な建物。
徳寿宮の中で、唯一の二階建てです。
20191027 (13)

1時間ほど案内してもらって、日本語ツアー終了です。
20191027 (21)

赤く染まった葉っぱ、キレイでした。
20191027 (20)

観光初日の行程はこれで終了。
20191027 (23)

夕暮れのソウル、バスが多かった。
20191027 (22)

そして、お楽しみのディナータイム。
いよいよ、初めての韓国ごはん。
サムギョプサル、食べるよ~
20191027 (24)

野菜たっぷり鍋は、
注文しなくても、お肉にセットになっているらしい。
キムチや、お肉と一緒に食べる野菜がたくさん出てきた。
20191027 (25)

豚の首肉と三枚肉(サムギョプサル)、豪快!
20191027 (26)

お店の方が焼いてくれます♪
20191027 (27)

焼けたらカットして、金属製のお皿にのせ、
冷めないように鉄板の上で保温。
20191027 (29)

いろんな野菜と一緒に、いただきました。
肉汁がジュルジュルで、美味しかったな。

またまた地下鉄を利用し、ホテルへ。
20191027 (31)

滞在中、何度も地下鉄を利用しました。
それがね、駅にエスカレーターが少ないんですよ。
地下鉄に乗る度に地下に潜るために階段をおりる、
乗りかえの度にまた階段。
おっともワタシも、ひどい筋肉痛に(>_<)
韓国の方は足が丈夫なのかな?

二日目の旅行記につづきます。

韓国 歴史巡りの旅⓵

2019.10.20

おっともワタシも初めての韓国ソウル。
今回は歴史巡りの旅となりました。
ま、男の人と一緒だと、
買い物ツアーというわけにもいかないしね。

朝、通りに出てみると…
20191026 (2)

他のアジアの国と変わらない
風景が広がっていました。
20191026 (1)

並木道はほとんどがイチョウでした。
ちょうど銀杏が落ちる時期で、
ちょっとにおいがしました。
このあと紅葉したら、
落ち葉のお掃除がたいへんだろうな。
20191026 (3)

さてさて、
歴史巡りの旅、いよいよスタート!
20191026 (4)

今回、5ヶ所のスポットをまわります。
COMBINATION TICKET 10000ウォン、1000円です。
20191026 (5)

<昌慶宮>

一番目のスポットは、
朝鮮王朝第4代王・世宗の
退位した父・太宗が穏やかに後世を送る場所として建てた宮殿。
20191026 (6)

日本語ガイドツアーに参加し、説明していただきました。

明政殿、正殿。
20191026 (45)

王様が正殿に上るための石ですが、
実際、王様はカゴに乗っていたため
この石の上を歩くことはなかったそうです。
20191026 (9)

木造の建物にとって火災は大敵。
火の気を抑える空想上の動物、ヘチ
日本の狛犬と同じようなものだそうです。
20191026 (8)

文政殿、王の執務室です。
20191026 (10)

五つの山と太陽(赤)と月(白)。
この屏風は、王様がいたしるし。
どこの宮殿にも、この屏風があります。
20191026 (7)

ここからは、王と王妃の生活空間。

歓慶殿景春殿
20191026 (11)

きらびやかな通明殿の天井。
20191026 (12)

養和殿
20191026 (13)

一つ目の王宮見学は、ここで終了です。

<昌徳宮>

そして二つ目は、すぐ隣にある昌徳宮。
1405年建立後の約270年間、
王宮としての役割を果たした。
20191026 (15)

既に紅葉が始まっていました。
20191026 (14)

石の広場、たくさんの人が行事に参加出来そうです。
20191026 (16)

規則正しく石が並んでいますが…
文武の百官達の位を表す石だそうです。
20191026 (17)

ここにも五つの山と太陽と月。
20191026 (18)

建物が色鮮やかで素敵です。
20191026 (19)

宣政殿
現存する宮殿で唯一、青い瓦屋根を持っています。
20191026 (50)

大造殿は、王妃の生活空間。
20191026 (20)

西洋式のキッチンもあるんですよ。
20191026 (51)

ここは色を使っていない建物。
20191026 (21)

敦化門
ソウルの宮殿に残されている最古の正門。
20191026 (22)

午前中の歴史の勉強は、二ヶ所でした。

午後の歴史の勉強のために、移動します。
20191026 (23)

移動は徒歩と、
20191026 (26)

地下鉄。
20191026 (24)

韓国の人は遊び心があるんだね~
20191026 (25)

<ランチタイム>

午後の観光の前に腹ごしらえ。
20191026 (29)

日曜日だったため、休業の店が多くて、
開いていた中華料理店へ。
20191026 (27)

おっとはチャプチェごはん、
ワタシはさっぱりラーメン。
20191026 (28)

<南山コル韓屋村>

韓国伝統文化に触れることのできるスポット。
この施設は無料で入れます。
20191026 (30)

結婚式かと思ったけど、違ってました。
20191026 (32)

天気が良くて、気持ちいい~
20191026 (33)

ソウルタワーが見えました。
20191026 (34)

相変わらず、建物の見学ばかり。笑
20191026 (36)

20191026 (37)

20191026 (38)

20191026 (39)

なんの実かな?
20191026 (35)

街中でよく見かけた、カラスのような鳥です。
コントラストがオシャレ。
20191026 (44)

朝からずいぶん歩きました。
歴史巡りの旅⓵は、これにて終了です。
プロフィール

ちょこ*ちっぷ

Author:ちょこ*ちっぷ
お菓子作り、料理、
ガーデニング、
柏レイソル、
福士くんが好き♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR